ホーム > FX > FXで重要なこと

FXで重要なこと

「スプレッド」とはFX取引は通貨ペアを買ったり、売ったりすることによって利益を得る投資です。

 

取引の値は常時動いています。

 

これがレートです。

 

テレビのニュースをみているとドル円やユーロ円の為替の話題が流れる状況があります。

 

例としてあげると、「本の為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

それは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという事を意味するのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを表示しています。

 

つまり、売買には買いと売りの2個の値が存在する事を示しています。

 

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と提示しているFX取引会社も存在しています。

 

普通は買値よりも売値が安価になっています。

 

自分が買値は高く、売値は低くなるのです。

 

その差分をスプレッドといい、FX会社の収入といわれています。

 

スプレッドの幅は取引会社によって変わります。

 

スプレッド幅は負担になるので低い取引業者をセレクトしたほうが有利になります。

 

ただ、場面によってスプレッドは変わります。

 

もしも通常はドルと円の通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの広さだったとしても相場の変化がかなり激しい場合には1銭よりも広くなったりする状況があります。

 

なので、スプレッドが低いのと変化しないのが大切です。

 

近頃では固定でスプレッド幅を提示するFX取引会社も数多くあったりします。

 

リアルに業者のトレード画面の中でリアルな相場を見なければ区別できないので手間がかかりますがとても大切なことです。

 

貴重な資金を使って取引するのだから、取引の前に心惹かれたFX取引会社の新規口座開設を全てして提示されているスプレッド幅を確かめましょう。

 

同じペアでも、その時間帯のマーケットの条件によって、スプレッドの広さは異なります。

 

通常、銀行間取引市場で取引高が多い通貨ではスプレッド幅が小さくこの他の外貨ではスプレッドの広さが広くなる事が多いです。

 


関連記事

  1. FXで重要なこと

    「スプレッド」とはFX取引は通貨ペアを買ったり、売ったりすることによって利益を得...

  2. テスト

    テスト記事です。...